審査がゆるいローンカードがあります(女性/30代)

女性/30代

私たちのような専業主婦は収入無いため、気軽に簡単にお金を借りることができません。

 

でも、急な出費や家計が苦しい時など、緊急にお金が必要なことはよくあります。

 

比較的簡単にお金を借りることができると謳っているローンカードでも、
実際にお金を借りるには審査を受ける必要があるんですよね。

 

専業主婦だと収入がないのでやはり審査は厳しいんじゃないかと、
キャッシングをするのは半ばあきらめていました。

 

しかし、中には審査がそれほど厳しくないローンカードがあるんです。

 

それは総量規制対象外の銀行系のカードローンです。
大手銀行の中には、積極的にカードローンのキャンペーンをしているところがあります。

 

そうしたところは、顧客を獲得したいために、審査がゆるくなっているというわけなんです。

 

かといって、闇雲に申し込んでも審査には通りません。
カードローンの審査基準を前もって把握しておくことが重要になります。

 

また、基本的に銀行などでのローンカードを作る時にも、主人の安定した収入が求められますが、
キャンペーンを行っている大手銀行での少額の融資なら書類なしでも借りることができることがわかりました。

 

少額といっても借りる銀行で差があって、ランキングサイトなどで見てみると最大でなんと300万円まで借りられます

 

300万円も借りる必要はないので、10万程度の少額にして利用したいと思います。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

 

ローンカードの審査のポイントとは

これからキャッシングを利用したいと考えている方にとって、
ローンカードの審査とは何を調べるのかと不安に思う方もいるかもしれません。

 

個人が自由な目的で利用できるローンカードには大きく分けて2種類あります。

 

ひとつが年収の3分の1以上の借り入れはできない総量規制対象の消費者金融が扱うカードローンです。
もうひとつが総量規制の対象とならない銀行系カードローンがあります。

 

銀行系カードローンは返済能力が認められれば年収以上の借り入れをすることも可能となります。

 

この2つのカードローンですが、例えば銀行系カードローンで借り入れをしていても総量規制の対象外となるため消費者金融のカードローンの審査で年収の3分の1の金額の対象とはならず、消費者金融のカードローンの審査が通過することもあります。

 

しかし消費者金融のカードローンですでに年収の3分の1の金額の借り入れを行っている場合、
他の消費者金融のカードローンに申込みを行っても審査に通過する可能性が低くなってしまいます。

 

また逆に総量規制の対象外である銀行のローンカードの審査も、
すでに消費者金融の利用をしているということが影響する場合もあるようです。

 

消費者金融のローンカードも、銀行系ローンカードも審査に通りやすくなるためには
他の業者の利用がない
ということが返済能力を認めてもらう一番のポイントです。

 

職場へ在籍確認の電話なしで審査を受けられるローンカードとは?

職場での飲み会が続いたり、衝動買いをしてしまったときなど計画外の出費が重なった時には生活費が足りなくなってしまい、
給料日前にはお財布が空っぽなんていう事は誰もが起こりうる場面です。

 

そんな時、少しだけ消費者金融や銀行のローンカードを利用してキャッシングができたらと考える方も多いのではないでしょうか。

 

ローンカードはいざという時に、助けてくれるとても魅力的な商品ですが、
申込みの際に気になる事が誰かにばれてしまうのではという不安という方も中にはいらっしゃいます。

 

多くの金融機関の場合、審査には職場への在籍確認を行います。

 

通常、在籍確認の電話は個人名を名乗るので電話を取り次いでもらう場合にもローンカードの審査ということは周囲に知られる可能性はありませんが、業務以外の電話に厳しい職場の場合ローンの審査ではと推測されてしまうことを気にする方もいらっしゃいます。

 

そんな時には、在籍確認を本人確認書類に加え、社員証や給与明細などといった
簡単な書類提出を行うことで電話での確認を避けることができる
場合もあるようです。

 

しかし、申込み時に申告しなければ、勤務先に在籍確認の電話がかかってきてしまうので
申込みの際に忘れずに伝えるようにしましょう。