クレジットカードの金利を確かめて借りています(女性/40代)

女性/40代

キャッシングで一番使い勝手がいいのは、私の場合はクレジットカードでのキャッシングです。

 

キャッシングよりも手軽ですし支払いも自動引き落としですから、支払い忘れもありません。
気を付けるポイントは口座にキチンとお金が入れていることになります。

 

信販会社の発行するクレジットカードで行うキャッシングは普通の消費者金融のキャッシングよりも金利が高めが多く、利用する場合はキチンと計画を立てなければなりません

 

また、使い方を間違えると利用した金額がわからなくなったり、
リボ払いにして本当の残高がわからなくなったりもします。

 

もちろん翌月利用明細は来ますが、使い方を間違えてキャッシングを行った場合などは感覚がおかしくなってしまうのです。

 

このよう時には信販会社のランキングサイトを閲覧するといいです。
該当の会社の金利を意識することで、自分が借金をしていることを理解するようになるからです。

 

まだ借りられるというより、今月これだけ借りてしまったから、しばらく今の借金が完済するまで
次の借り入れや買い物はやめておこう、といったブレーキ機能になります。

 

また、自分の預金銀行からカードが発行されていいたら、メインのカードも変えるのもよいと思います。

 

優遇金利があったりお得な特典もあるからです。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

 

信販会社のキャッシングランキング

クレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠が用意されていることがあります。

 

私が所有しているクレジットカードにもキャッシング枠が設定されているものがあります。
ショッピング枠の中にキャッシング枠があるものと、ショッピング枠とキャッシング枠が完全に独立しているタイプのものがあります。

 

クレジットカードを発行しているのは信販会社です。

 

信販会社はメインの事業がクレジット決済なので、キャッシング枠はその付帯サービス的な位置づけであると思います。
そのためどのカードのキャッシングも金利は比較的高くなってしまっているのが残念です。

 

キャッシングの内容自体にはランキングであまり差がないように思いますが、
ポイント制度や利用できるATMなど別の部分では差が出てきます。

 

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となっているので、
以前一度だけ収入を証明する書類の提出をお願いされたことがありました。

 

提出したら自動的に増枠されました。ランキングを見て契約するのも良いのですが、
普段から利用できるクレジットカードを持つと良いと思います。

 

私も何枚かあまり使っていないカードがあるのですが、
家電量販店や百貨店発行のカードが利用頻度が高く、便利だと感じています。

 

信販会社のランキングを参考にしたこと

社会人になって、お給料をもらうようになり、自分の好きなものが買えるようになった時は、とてもうれしかったです。

 

洋服やアクセサリーなど、流行りのものが欲しくてたまりませんでした。
貯蓄はしばらくするつもりはありませんでした。お金は若いうちに使わなければいろんな経験ができないと考えていました。

 

友達から勧められて、信販会社のカードを作ることにしました。

 

カードさえあればポイントが貯まって、大きな金額のものでもリボ払いできるから欲しかったものが自由に買えるようになります。
信販会社にもいろいろあって、どこの信販会社のカードが良いか迷いました。

 

CMや広告でよく見かけるところが安心だし、信用できると思い、とりあえず、信販会社のランキングを調べてみました。

 

人気のスポーツ選手を起用している信販会社もあって、ランキング上位だったので、その会社のカードを作ることにしました。
年会費無料だし、ポイントもお得そうだったので、賢い選択だったと思っています。

 

おかげで、仕事やプライベートが信販会社のカードのおかげで充実するようになりました。

 

無駄遣いは厳禁ですが、お給料の範囲内なら問題ないと思い、いろいろ買い物を楽しんでいます。