どうして自分は銀行カードローンの審査に通らないのか分かりました(男性/30代)

男性/30代

銀行カードローンは消費者金融に比較して審査に通りやすいというメリットがあり、
多くの人が利用しているという話を聞き、申込したら通りませんでした。

 

どういう場合に審査に通らないのか調べてみると意外なことが分かりました。

 

キャッシングの申込には属性スコアリングというものがあります。
申し込んできた人を振り分けて融資が可能かどうかを判断する基準です。

 

たとえば勤務先ですが、最もスコアリングの高いのが公務員で、
次が大手企業の社員、次いで中小企業の社員となっています。自営業、アルバイトがそれに続きます。

 

雇用形態では正社員がスコアが高く、契約社員、派遣社員、アルバイトとスコアは低くなります。

 

年収は400万円以上あれば、スコアリングに関係ありません。

 

それよりも健康保険の種類が重要視されており、公務員の共済保険や大手企業の組合保険はスコアが高く、
自営業やアルバイトなどの国民健康保険はスコアが落ちます。

 

また、住居についても本人名義の持家は高く評価され、ついで家族名義の持家、社宅などが続きます。

 

賃貸住宅や公営住宅は経済状況の悪い人と評価されます。居住年数も長いほどスコアは高く出ます。

 

そのため、アルバイトで国民健康保険、住居が賃貸で居住年数の短い人
銀行カードローンでも審査に通らない可能性があります。

 

勤続年数が結構大事だということが分かってなるほどと思っています。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

 

銀行カードローンの審査に通らないときに私がとった方法

私はカードローンを組むときには、絶対銀行カードローンがいいと思っていました。

 

なぜなら、銀行カードローンは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングに比べて金利が圧倒的に低いからです。
しかし、実際に申込みをしようとなったときに、私の属性では銀行カードローンの審査に通らないということに気が付きました。

 

私は過去にクレジットカードを延滞して、強制解約されたことがあったからです。

 

クレジットカードを3ヶ月以上延滞したり、強制解約されたりすると、金融事故となり、
いわゆるブラックリストに載るということを後から知りました。

 

さて、銀行カードローンの審査に通らないということを知ってから、いろいろと調べた結果、
どうやったら審査に通るようになるのかがわかりました。

 

まず、銀行では、年収などの返済能力の他に、人間的な信用度を重視しており、
個人信用情報はとても重要だということを理解しておくべきです。

 

1回の延滞の記録があるだけでもかなり不利になるので、ましてやブラックの人では絶対に審査には通りません。

 

ブラックの人が審査に通るようになるためには、信用情報を回復させる必要があります。
延滞や金融事故の情報は、完済してからおよそ5年間保存されます。

 

よって、金融事故の原因となった借金を完済してから5年間待つことで、再び審査に通るようになります。

 

その間は、借金などはせずに、できるだけおとなしくしておくことがお勧めです。

 

 

銀行カードローンの審査に通らない理由とは

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しいのは事実ですが、普通に申込めば大抵審査は通ります。

 

銀行カードローンの審査に通らない人には共通の理由があるのです。
まずは属性です。属性とは、勤務先や勤続年数、家族構成、年収などを指します。

 

これを一つ一つ点数化していきます。これをスコアリングと呼びます。

 

このスコアリングが低ければ審査には通りません

 

例えば、まだ勤務して間がないとか、転職を繰り返しているとか、
家は賃貸で子供が2人いるのに収入が少ないなど、つまり返済に問題があるような人ははねられてしまいます。

 

次に、過去の支払い状況です。

 

例えば、過去の借入の際に延滞を繰り返したような場合は、返済原資はもとより性格もいい加減なものと判断されてしまいます。
これはカードローン、クレジットカード、公共料金の支払いなど口座引き落としも含まれています。

 

簡単に言えば、信用情報照会を取ったときに事故扱いになっている場合は確実に通りません。

 

そして、現在の状況です。現在消費者金融でお金を借りている場合は、まず断られます
金利の高い消費者金融でお金を借りているわけですから返済に難があると判断されます。

 

以上のことから、年収や勤務年数などスコアリングに問題がなく、過去に延滞の実績もなく、
現在どこからも借り入れを行っていない場合ですと通らない人はいないと言えます。