お金が必要になったので銀行の利子を比較検討しています(男性/40代)

男性/40代

自由に使えるお金が減ってきたので、キャッシングを利用することにしました。

 

比較したところ、銀行のカードローンは金利が低めです。

 

消費者金融業者のキャッシングは年利5%から18%程度が平均的ですが、
銀行系のカードローンは3%から15%ほどになっています。

 

10万円を1ヶ月借りた場合、消費金融では返済時の利息は1479円であるのに対し、
銀行系の金利では1150円となり、300円以上の違いがあります。

 

各銀行の利子を比較すると、最低金利なのは3.0%~17.8%です。

 

大手の銀行のなかにも、4.0%~14.0%と低めに設定されているものがあり、検討対象にしています。
銀行だけでなく、一般にローンは借入額が多くなるほど金利は低くなります

 

10万円程度だと、普通は一番高い金利が適用されます。

 

非常に低い金利を提示しているカードローンもありますが、これは限度額最高額の
800万円を借りたときに適用される金利であるため、あくまで参考程度ですね。

 

借入限度額を最も低くした場合の金利で見た場合、最も金利の低いのが3.5%~9.8%になります。

 

ここの銀行は審査基準は若干厳しめですが、もし審査に通れば非常に低い金利でお金を借りることができます。
また、借入額に応じて段階的に金利が低くなる度合いが高いカードローンもあり、これも有利です。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

銀行の利子の比較について

銀行の利子って、比較をした方が、絶対イイです。

 

誰が言い始めたのかは、分からないのですが、結構、知らないと損をしていることが少なくありません。
特に、銀行といっても、ネットバンクは利子が良いので比較してみることが大切だと思います。

 

また、ネットバンクの申し込みをするのは、本当に大切です。

 

雪や雨でも、オンラインで振込などをすることができます。
ネットバンクだけのところもありますし、利息は徹底比較をすることがお勧めです。

 

また、キャンペーンなどをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。

 

同じ金額を預けているのに、ネットバンクと普通の銀行の預金の金利についてなのですが、
かなり違ってくることが多いのが特徴です。

 

普通の銀行も使わなくはないのですが、やっぱり、ネット専業銀行の方が便利になります。

 

多分、徹底したコストダウンの結果、利息をアップさせられているのかなって思います。
お金の預け方、資産運用も難しくない方法からチャレンジしてみることで、少しムダを省くことができます。

 

株とか分からなくても、ネットバンクがまずはお得なので、
簡単に始められる資産運用からスタートしてみるのも良い方法かなと思います。

 

利子の違いってほんと、大きいですよね。

銀行のカードローンの利子比較

銀行のカードローンというと審査が厳しい代わりに利子が低く設定されているというイメージがあるかもしれません。

 

あながちそのイメージは間違っていませんが、中には審査がそれほど甘くない銀行もあります。
特に最近カードローン事業に参入した新しい銀行は、新規顧客獲得のために審査基準を引き下げています。

 

私もそのタイミングで申込をしたことがあるのですが、あっさりと審査を通過した銀行があります。

 

大手メガバンクと比較すると限度枠も小さく金利も高い商品となってしまっていますが、
長い間使って信用を築き上げることで、金利の引き下げや限度額の増枠にも応じてくれるようです。

 

利子はできるだけ低いほうが良いですが、最初から最低金利で契約できることはありません。

 

ネット系の銀行では比較的審査基準が緩くなっているようです。
それは店舗がないためコストもかからず、カードローン事業に力を入れることができるためです。

 

また、私の契約しているカードローンの中には、その銀行に預金をしていたり、
証券などの別の取引がある場合は金利が優遇される制度があるものがあります。

 

元々証券の取引をしていた銀行だったこともあり、欲しい株があと少しで買えないときに
キャッシングをすることができ、非常に便利でした。