知っている限りの銀行の審査基準をお教えします(男性/50代)

男性/50代

キャッシングをするにあたって、近年では消費者金融よりも
銀行系のカードを利用する人が増えています。

 

お小遣いがなくなってしまったり、思わぬ出費があったりした際に
借りられる先のひとつは確保しておきたいところです。

 

銀行系のカードの審査で重要なのは、借主がちゃんとお金を返してくれる人かどうかということです。

 

そのために様々な審査を行います。私が知っている限りのことをお教えしましょう。
まずは属性調査と呼ばれる審査があります。

 

これは年齢や収入、勤務先や家族構成などの申込者の情報で、これを見て返済能力の有無をチェックします。

 

また、信用情報審査というものがあります。
これはローンやクレジットの利用履歴のことで、ここで個人のローンやクレジットの利用状況を照会することができます。

 

たとえば申込者がすでに多数の業者から借入金があったり、
過去に返済遅延などの事故があったりした場合には、この信用情報で分かってしまいます。

 

返済事故を起こしたことのある人には審査は厳しくなります。

 

また、ローンの申し込みでは、在籍確認というのを必ずします。
これは申し込んだ人が本当にその勤務先に在籍しているかを確認することです。

 

個人名を名乗って勤務先に電話をかけるなどして確認します。ここで確認が取れないと審査には通りません。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

銀行のキャッシングの審査を受けました

最近色々な出費が続き、その負担が大きくなってきていました。

 

収入そのものは安定してあったのですが、急に来る負担に対して対策がいるなと思っていました。
それで金融機関のキャッシングを利用することにしたのですが、どこを利用するかで色々悩みました。

 

最初は消費者金融も考えたのですが、金利の負担や返済のしづらさから諦めました。

 

それで審査は厳しそうだけど便利に使えそうな、銀行のキャッシングを利用することにしました。
銀行のキャッシングは審査が厳しいと聞いていたので、自分が通るのか不安もありました。

 

ただ最近は条件がゆるくなっているともいわれていたので、思い切って審査を受けてみることにしました。

 

キャッシングの申請は、銀行の店舗までいってから行いました。
ネットから行うこともできましたが、担当の人と話しながらやりたかったのでこの形にしました。

 

実際に銀行にいって担当の人と話しながら行うと、色々親切に説明をしてくれました。

 

手続きそのものは簡単で、ちょっとしたことを記入したら終わりました。
審査はすぐに終わるとその時に説明を受けたので、しばらく近所の店まで行って時間を潰していました。

 

それから銀行に戻ってみると、審査の結果が出ており無事に通っていました。

 

借り入れができる金額は少なめでしたが、これで色々な支払いの心配がなくなり安心しました。

銀行のカードローン審査を通過するポイントとは?

個人向けカードローンは最近たくさん種類があるので、利用したことがない方にとっては
何が違うのかということについて把握していないかたも多いのではないでしょうか。

 

個人向けカードローンには銀行と消費者金融が扱う商品の違いがあります。

 

無人契約機をあちこちで見かけることの多い、消費者金融の個人向けカードローンは当日中に審査から融資まで完了するところも多く、無利息期間などを設けていたりと業者ごとに様々なサービスを展開しています。

 

少額融資を希望してすぐに返済する予定であれば消費者金融の個人向けカードローンの方にメリットがある場合も多いです。

 

一方で銀行の個人向けカードローンは総量規制の対象外ということもあり、
返済能力が認められれば年収に関わらず希望金額を借りる事ができる商品です。

 

金利も低く設定されているケースが多く長期間での返済の場合には銀行系カードローンが向いているといえます。

 

ではいざ銀行系カードローンの審査を受ける際にどのような事に気をつけたらいいのかというと、
たくさんの商品があるからといって多くの銀行に立て続けに申し込まないということです。

 

信用情報に申込みした記録も残るので、返済能力がないのではと審査にマイナスになってしまうことになりかねません。

 

自分が利用したい銀行系カードローンを絞って申し込みするようにしましょう。