専業主婦の私でも100万円借りる方法がありました(女性/30代)

女性/30代

100万円もの大金を借りる必要はありませんが、旦那が急に病気になったとか、緊急にお金が必要になった場合、これだけの大金でもすぐに用意できたら心強いです。

 

そこで、万一の時のために考えてみました。

 

専業主婦は消費者金融からお金を借りることはできません。

 

安定した収入がある人で、年間の所得の3分の1以上のお金を借りることはできなくなりました。
主婦が借りるには300万円以上の収入が必要になります。

 

クレジットカードで借りられるお金には限度があります。

 

また、銀行のカードローンでは私単独で借りられるところはありません。
したがって、専業主婦の力だけで100万借りる方法はかなり難しいです。

 

でも、銀行のカードローンの場合には、主人の同意と収入証明書などがあれば、100万もの大金でも借りることができます。

 

もちろん、主人に安定した収入が必要になります。
いろいろ検討してみましたが、実際に入用になった時には主人に相談して銀行のカードローンを申し込もうと決めました。

 

なぜなら、主人に万一のことがあってお金を用意できないことがあったら、
銀行からお金をおろせなくなったり、お金の工面にさらに大変になるからです。

 

ことが起こってからでは遅いのですぐに主人に相談したいと思います。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

 

100万借りる方法を解説します

私の銀行カードローン体験談から、100万借りる方法を解説します。

 

まず、お金を借りる金融機関ですが、銀行カードローンが望ましいです。
銀行カードローンは、金利が低い上、総量規制の制限を受けないというメリットがあります。

 

総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を受けられないという制限のことですが、消費者金融や信販会社のカードローンではこの規制を受けますので、そもそも年収が300万未満の人は、100万円以上を借りることが法律的に不可能になります。

 

年収が300万円以上の人は消費者金融などでも100万以上を借りることはできますが、
さらに限度額を上げていくことも考えると、やはり銀行カードローンがお勧めとなります。

 

さて、100万借りる方法ですが、それは、1つのカードローンを頻繁に利用して良好なクレジットヒストリーを築いていくことです。

 

他にカードローンやキャッシング枠付きのクレジットカードを所有している人は、解約することが望ましいです。
ここで絶対にしてはいけないことは、返済で延滞をしてしまうことです。

 

延滞をすると、「約束を守らない人」として見られ、人間的な信用を損ないます。

 

銀行では、年収などの返済能力の他に、人間的な信用度を重視しますので、
信用情報に傷がないということが絶対条件になります。

 

逆に言えば、それさえ満たしていれば、あとは努力次第で限度額を上げることができます。

 

100万借りる方法を考えては見たものの

100万円が必要となり、100万借りる方法を考えてみたものの消費者金融を利用する以外に、方法はないかなと思いました。

 

金額が金額なので人から借りるというのはかなり厳しいものがあり、急ぎだったので銀行を利用して借りるというのも時間がかかり融資を受けられない可能性も高いので、100万借りる方法としては消費者金融が一番確実だと考えたのです。

 

しかし、金利の負担も大きいものですから、どうしたものかと思っていたのですが選ぶ余地はなかったので、とりあえず貸してもらうことができる先を探しているうちに無利息期間のある消費者金融があったので、これらを上手く利用してみようと思いました。

 

無利息になる金額に限度があったもの数ヶ月は上手く使うことができれば、
金利の負担を減らすことができると考えシミュレーションをしてみたところ、何とか行けそうだったので試してみることにしました。

 

ただし、これは途中で融資を受けられなくなれば破綻をしてしまうので、その辺が気がかりでしたが、
思いのほか上手く行き無事お金を調達することができたばかりか、しばらくの間利息が発生しませんでした。

 

その間にできるだけ多くお金を返済したことで、最終的な金利の負担もすくなく無事完済することができ助かりました。