返済実績のおかげで200万円借りることができました(男性/40代)

男性/40代

キャッシングの限度額のひとつの基準は30万円です。

 

最近では収入のない学生さんや主婦の方に対しても
銀行系のカードを発行してくれるようになり、利便性が高くなりました。

 

もうひとつの基準は100万円で、これはサラリーマンや自営業者など安定した収入のある人なら、審査次第でカードローンを組むことができます。

 

200万円借りる方法もあります。審査はかなり厳しいですが、不可能ではありません。

 

銀行系のカードは、消費者金融などに適用される総量規制の対象ではないため、
年収の3分の1以上の借入は理屈のうえでは可能ですが、実際には審査によって借りられないことが多くあります。

 

一般的に200万円を借りるには年収が少なくとも400万円はないと審査には通らないと言われています。

 

しかも即日で200万円となると、かなり難しいです。
私が200万円借りることができたのは、低い限度額から借りて返済する実績を作ってきたからです。

 

最初は30万円や100万円などの限度額内で借りて、
しっかり返済をして完済している実績があれば、審査には通りやすくなります。

 

銀行系のカードローンでも、融資に積極的な銀行なら可能です。

 

審査のスピードも早く、限度額の交渉にも応じてくれると言われています。

 

口コミ人気No1のカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  1. 低金利で高額融資、知名度が高い銀行系カードローンだから安心安全
  2.  

  3. アルバイトをしている学生、パートの主婦、専業主婦でも借りられる
  4.  

  5. 最短30分での審査回答など迅速に対応してくれるので、急ぎでも便利

公式サイトはこちら

 

他に下記カードローンも口コミによる評価が高いです。

 

アコム → 返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能付き

 

プロミス → 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可

 

みずほ銀行 → 入会金年会費無料、借り換えにも利用できるのが良い

200万円借りる方法について解説します

カードローンでは、最大限度額が800万円などとなっていても、
実際には50万円前後しか借りられないというケースがほとんどです。

 

限度額が低いと金利も高めになってしまうというデメリットもあるので残念な気持ちになりますね。

 

しかし、私はあるコツをつかんだことにより、限度額を200万円にすることに成功しましたので、
その体験談から200万円借りる方法を解説したいと思います。

 

まず、勤務形態については、正社員でないと厳しいと思います。

 

銀行カードローンの審査では、年収も大事ですが将来にわたって安定した収入が見込める職業であることも
重要なので、高収入でもアルバイトや派遣だと厳しいかもしれません。

 

また、消費者金融では総量規制という制限があるので、
年収600万未満の人は銀行カードローンを選ばないと200万円は借りられません。

 

以上の条件を満たしていれば、審査に申し込みます。

 

ここで1つのカードローンを長く利用することになるので、一番気に入ったところを選びましょう。
審査の結果、最初は50万円程度になっても、諦めてはいけません。

 

最初から高い限度額がつくことは稀だからです。

 

他のカードはできるだけ解約し、1つのカードに絞って頻繁に利用して信用を上げていくことが大切です。
良好なクレジットヒストリーを築いていくと、信用が上がり、限度額を増額できるようになります。

 

以上が200万円借りる方法です。

200万円借りる方法で大切なのは総量規制の対象外であること

200万円借りる方法として試したのが、大手銀行のキャッシングの利用でした。

 

あえて預金口座のある銀行を選んで申し込みました。
消費者金融も検討しましたが、総量規制の対象になるので200万円借りる方法としては適さないと判断しました。

 

契約時の年収は450万円ほどだったので、200万円を借りるための年収基準には満たなかったのです。

 

最低でも600万円は年収が必要だったので、総量規制の対象とならない銀行で借りることにしたのです。
希望額が大きかったので審査には5日を要しましたが、問題なく200万円の借り入れができました。

 

200万円借りる方法として銀行を選んで正解だと思ったことには、金利の低さもありました。

 

年率9.8%という低金利で借りることができたのです。
消費者金融に金利の問い合わせをしたときは、15.0%になると言われました。

 

数万円くらいの借り入れなら数%の金利は微々たるものでしょうが、200万円も借りる状況では大変な差となります。

 

実際に借入前にシミュレーションをしてみると、月の返済額がまったく違ってきます。
利息が違うので当然ですが、金利が低いほど利息も減るので、利用者にとってメリットしかありません。

 

高金利の業者に申し込みしなくて本当によかったと思います。